TEL. 075-871-7777
〒616-8113 京都府京都市右京区太秦野元町12-5

現在位置:HOME > 事業内容 > 離型コート

離型コート Separate coating

●離型コートとは?

主にプラスチックフィルム表面に離型性を有する成分(シリコーン等)をコーティングし、基材表面に離型性を付与します。

当社では、シリコーン系離型コート・非シリコーン系離型コートの2種類の離型コートを行なっております。

また、シリコーン系離型コートには、スタンダードタイプペインタブルタイプの2種類があります。

●離型コートの分類

離型コートの分類

●基本構造図

離型コート基本構造図

●用途例

  • 粘着ラベル・粘着テープのセパ
  • 電子部品製造工程セパ
  • カーボンロッド製造用離型テープ

【シリコーン系離型コート】

スタンダードタイプ

●特長

  • 超軽剥離から重剥離まで剥離力のコントロールが可能です。
  • 離型コート背面への帯電防止性能付与やコーティングマット加工等も可能です。

●スタンダードタイプ一例

当社離型コートグレード一例

※記載のデータは、代表値であり、規格値ではありません。

※当サイトに記載されている内容は、予告なく変更することがあります。

※1…日東電工製No.31Bテープによる剥離(剥離速度 200mm/min)

※2…TESA製テサテープ(TESA74PV)による剥離(剥離速度 200mm/min)

ペインタブルタイプ

●特長

通常、シリコーンコート系離型コート品の離型面は、表面張力が低く、油性マジックで文字を書くと、インクがはじいてしまいます。しかしながら、ペインタブルタイプは、離型面の表面張力が高く、インクをはじかずに、文字を書くことができます。

ペインタブル 書けない

通常のシリコーンコート面では、インクをはじいてしまいますが…

ペインタブル 書ける

ペインタブルタイプであれば、インクをはじかず、文字を書くことができます。


また、シリコーン系離型コート品の離型面上に樹脂や接着剤を塗工した場合も、上記と同様の理由で、塗剤がはじかれ、均一に塗工できない場合があります。

そのような場合でも、ペインタブルタイプを使用することで、塗工状態が改善できたケースがあります。

●ペインタブルタイプ一例

ペインタブルグレード一例

※記載のデータは、代表値であり、規格値ではありません。

※当サイトに記載されている内容は、予告なく変更することがあります。

※1…日東電工製No.31Bテープによる剥離(剥離速度 200mm/min)

【非シリコーン系離型コート】

●特長

  • シリコーン成分を含有しない離型フィルムになりますので、シリコーン成分の付着を嫌う用途にもお使いいただけます。
  • 耐溶剤性に優れています。
  • シリコーン系離型コート品と比較して、離型面の表面張力が高く、離型面上への塗剤の塗工が容易です。
  • 離型コート背面への帯電防止性能付与やコーティングマット加工等も可能です。

●非シリコーン系離型コート一例

ペインタブルグレード一例

※記載のデータは、代表値であり、規格値ではありません。

※当サイトに記載されている内容は、予告なく変更することがあります。

※1…日東電工製No.31Bテープによる剥離(剥離速度 200mm/min)

※2…ニチバン製セロテープによる剥離(剥離速度 200mm/min)

※3…表面張力測定は、JISK6768 に準ずる。

シリコーン系離型コート剥離力の測定方法について

離型コート品は、離型面上に塗工する粘着剤等の種類によって剥離力は変化します。
この点をご理解いただくために、2種類の違う粘着剤が使用されているテープを用いて比較を行なっています。
また、31Bテープよりも粘着力が強いテサテープを用いることによって、超軽剥離・軽剥離品等の剥離力が小さいタイプの離型品の比較を可能にしています。


非シリコーン系離型コートの剥離力の測定方法について

シリコーン系離型コートと同様に、非シリコーン系離型コートも離型面上に塗工する粘着剤等の種類によって剥離力は変化します。
この点をご理解いただくために、2種類の違う粘着剤が使用されているテープを用いて比較を行なっています。

ご要望の材料や剥離力に応じて、随時対応させていただきます。

小ロットでも対応致しますので、お気軽にご相談下さい。