TEL. 075-871-7777
〒616-8113 京都府京都市右京区太秦野元町12-5

現在位置:HOME > 設計開発TOPICS > 超粗面化コーティングマット

超粗面化コーティングマット

当社独自の技術を用いて生産しております 「コーティングマット加工品」 は、現在、多方面のお客様に採用いただき、数多くの用途にご使用いただいております。

昨今、用途の多様化にともない、このコーティングマット表面の機能性をさらに変化させられないか?とのニーズを数多くお聞きしております。

★もっと、面粗さが異なるコーティングマットができないか?

★コーティングマットコート層に直接機能性を付与できないか?(離型性能、帯電防止性能)等です。

現在、これらのご要望にお応えすべく、種々の社内テストを繰り返し、新規グレードの開発を進めております。

今回は、 【超粗面化コーティングマット】 についてご紹介させていただきます。


現在、弊社が加工しておりますコーティングマットは、Ra(平均粗さ)値が、0.4μm~0.9μm のものがほとんどです。

しかし近年、お客様がより表面のざらつき感があるコーティングマット(Ra1.0μm以上)を要望されるケースが増えてきております。


このような背景から、コーティング剤に添加する粒子の大きさ分布に工夫を施すことで、 より表面の凹凸を大きくしたグレードのコーティングマット の作製に挑戦し、コーティングマットのバリエーションを増やすことで、お客様のご要望にお応えできますよう、日々開発に取り組んでおります。

【コーティングマットの一般的用途例】

  • マット調の成型体を作るためのセパレーター
  • LBP印刷
  • ブロッキング防止 等
  • 【現行品と開発品との違い】

    サンプル名
    Ra
    (μm)
    3D画像データ
    (400倍で撮影)
    現行品A
    0.4
    現行品B
    0.5
    現行品C
    0.7
    現行品D
    0.9
    開発品①
    1.1
    開発品②
    1.5

    記載している数値は代表値であり、規格値ではありません。

    【開発進捗状況と今後の計画】

    現在、予備テストによる塗工実験において、Ra1.0以上のサンプルの開発に成功しています。

    今後、本格的な実機試作を実施し、お客様にご提供できるコーティングマットのバリエーションを増やす予定です。

    また今後も、お客様のご要望にお応えできますよう、更にバリエーションを増やしていきたいと考えております。

    是非とも、皆様のニーズをお聞かせ下さい!

    これは、レイアウト Div タグ "container5" のコンテンツです。
    これは、レイアウト Div タグ "container6" のコンテンツです。
    これは、レイアウト Div タグ "container7" のコンテンツです。
    これは、レイアウト Div タグ "container8" のコンテンツです。